低金利状態が続く日本

fsd74wisd 日本は低金利状態が続いています。100万円を1年預けたとしても利率が低いために100円程しかつきません。それは日本の話で、外国はもっと利率がいいです。例えばオーストラリアです。日本が0.10に対し、オーストラリアは2.50です。2%も違えば全然違ってきます。100万円の2%だと1年で2万円も手に入れることが出来ます。この質の高い利率をゲットしたいならば外貨預金というものがあります。外貨預金もFXも似たようなものですが、違うところがあります。外貨預金は期間と言うものが決まっていて、定められた期間預けることによって高い利率が狙えます。

しかし、満期になって引き出すときに手数料というものがかかり、片道で1円ぐらい持っていかれます。そして、売買方法も違います。FXは売り買い両方できるのに対し、外貨預金は買いしか行えません。取引時間も違って、FXは24時間売買できるのに外貨預金は銀行が開いている間しか行えません。

FXは通貨を買う事でスワップ金利というものがもらえます。スワップは毎日ついて、好きな時に換金可能です。FXの場合、注文方法をいろいろ選ぶことが出来ますが、外貨預金は注文方法というのがありません。好きなように売買が行えないのが難しいところです。実は、FXというのは外貨預金の進化系なんです。一番先に外貨預金というものがあり、いつでも気楽に取引を行いたいというみんなの願いを取り入れてFXは改良を加えたようなものです。

つまりFXは外貨預金のいいとこどりなんです。FXの最大の利点にレバレッジと手数料があります。外貨預金はレバレッジがかけられませんし、手数料というものがかかります。片道1円ということは1000円ということです。FXではスプレッドというものがあり、それが手数料のかわりなのです。最近のFX業者は昔と比べてさらにスプレッドの縮小に力を入れています。努力する姿勢を示しています。

例えば米ドル円のスプレッドは広いところで5銭ぐらいです。5銭というのは手数料であらわすと50円という事になります。片道1円で1000円と比べると驚く額だと思いませんか?頻繁に売り買いしたいという人にとって、手数料というのは軽く見過ごすわけにはいきません。FX業者は、外貨預金をする銀行と比べて気持ちよく取引が出来るようにという思いやりを常に持っています。日本の銀行に預けるよりは外貨預金だし、外貨預金を思うならFXがおすすめです。